高校受験に備えよう|中学生向けの家庭教師を探す

レディ

作文との違い

作文と小論文は異なります。作文は自分の体験や気持ちを書きます。一方小論文は自分の意見を理由を持って述べます。意見の根拠となる理由を論理的に述べる書き方が必要です。序論、本論、結論といった文章の構成も大事です。

女子学生

大学進学までに

大学に通うために必要な大学費用ですが、国公立大と私立大では、大きな差があります。また、通う学科や学部によっても金額が異なるのです。奨学金制度などをうまく活用しましょう。またお子さんが小さいうちに学資保険や貯蓄を考えておくことも大切なことと言えます。

おうちで個人レッスン

女の人

ぐんぐん実力アップ

中学生になると、だんだんと勉強における差が出てきます。部活動などに忙しく、勉強を後回しにしていると、あっという間に高校受験がやって来て、対策が間に合わない可能性もあるので、早めに勉強を始めましょう。中学生になったら、家庭教師と一緒に勉強するのがおすすめです。家庭教師は、家に来てくれるため、個人レッスンになります。塾に行くと、友達の勉強の出来に心が乱れ、自分の勉強に集中できないことがあります。また、つい友達と遊んでしまい、勉強がおろそかになることもあります。これに比べ、家庭教師は個人レッスンなので、心を乱す原因も誘惑もなく、純粋に勉強に集中できます。わからないところを徹底的に質問できるのも、家庭教師の魅力です。学校や塾では、人の目が気になって質問しにくい学生も多いですが、家庭教師であれば遠慮なく聞くことができます。中学生の段階でつけた基礎学力は、高校受験やその先の大学受験にまで影響を与えます。そのため、中学生の勉強は非常に重要です。どこの高校に行くかで、その後の道が大まかに決まってしまうと言っても過言ではなく、中学時代に良い先生に出会い、勉強することが非常に重要なのです。家庭教師を利用するときは、週に一回か二回にしましょう。自習の時間もないと、暗記が追い付かなくなるからです。また、できればすべての科目について質問させてもらえるようにしましょう。そうすると、全科目で点数を伸ばすことができます。

先生と生徒

出題傾向や基本的な書き方

大学受験では小論文の出題を行っている割合も高く、これを学習していくのも受験対策の1つとなっています。小論文は主張を上手く訴えていく内容が基本であり、出題されるテーマをあらかじめ予想しておくことも大切です。小論文の基本的な書き方を学習していけば、バランスのいい構成や内容が完成できます。