高校受験に備えよう|中学生向けの家庭教師を探す

学生

大学進学までに

女子学生

国公立大と私立大の差は

大学費用は国公立大と私立大とでは大幅に違いますし、学部や学科によっても違います。国公立大が卒業までにかかる大学費用が200万円強だとすれば、私立文系大が360万円程度、私立理系大が500万円程度の大学費用がかかります。私大の医歯薬系になると、2000万円強となり国公立大のおよそ10倍の大学費用がかかることになります。ですからこれが自宅生なのか自宅外生なのかによってもかなり大学費用に差が出てくるのです。そこで学費の経費負担のために奨学金制度があります。大学の奨学金や団体の奨学金、都道府県や市町村の奨学金制度などさまざまです。奨学金は卒業後に返済が始まりますので時間をかけてゆっくり返すことが可能です。また成績優秀者は、入学金や学費が免除される大学もあり、大学費用のほとんどが免除される人もいます。ですから大学費用の安い国公立大にこだわらなくても、優秀な成績で私立大に合格し卒業まで学費免除となる方が家計の負担にならず、学費分を貯金に回したり大学院の費用に充てたりすることも可能なのです。またお子さんが小さいうちから学資保険などに加入するのも一つの方法です。最近は生まれる前から加入できるプランも増えていますし、貯蓄型や保証型などどれが一番よいのかよく考えて加入しましょう。貯蓄や学資保険に加入することは子供が大きくなってから大学費用にそのままあてられるので、急な出費に困らずにすむというメリットがあるのです。