高校受験に備えよう|中学生向けの家庭教師を探す

学生

出題傾向や基本的な書き方

先生と生徒

主張を上手く表現する

大学受験では小論文を出題しているところも多く、それについての対策も必要となります。小論文に出るテーマは毎年異なり、近年の社会問題や流行が取り入れられる傾向があります。そのため、日ごろからいろいろなニュースを知るようにし、それのついての問題や解決策を自分なりにまとめていくのがおすすめです。小論文の書き方で気を付けておきたいのが、その構成です。テーマに対してどのようなことが問題や話題となっているのかをまず把握し、自分の考えを書き出すようにしていきます。そして、最後に結論として文章をまとめるようにしなければ、小論文としては成り立ちません。小論文は書く人の考えを知るのが醍醐味でもありますが、書き出しや最後のまとめなどの基本的な構成も求められます。テーマを知ったときに、それについての構成を考え、バランスを整えてから書き始めるといいでしょう。こういったテーマが出題される小論文は、塾などでも上手に書けるための指導を行っています。市販で販売されている参考書も多くあり、ネットのサイトでもアドバイスが紹介されてあります。それらを参考にしていけば、テーマの出題傾向や基本的な書き方が分かるようになります。ただし、小論文はあくまでも自分の考えを強調しなければいけません。参考に挙げられている書き方をそのまま用いるのはオリジナル性がなく、文章自体もぎこちなくなってきます。今後の動向や解決策を自分なりに考えていき、それを小論文の最後に持ってくれば構成のバランスも良くなり高評価も期待できます。